Tracks

書いてみたい方はココを参照下さい。

Acme::JavaTrace B!



こんにちはトミールです。

Acme::JavaTraceはエラーのスタックトレースをJava風の出し方で出してくれるっていうモジュールです。

perl -wMAcme::JavaTrace script.pl

というようにして実行すると、エラーがあった場合は

Exception: event not implemented
            at MyEvents::generic_event_handler(workshop/events.pl:26)
            at MyEvents::__ANON__(workshop/events.pl:11)
            at MyEvents::dispatch_event(workshop/events.pl:22)
            at MyEvents::call_event(workshop/events.pl:17)
            at main::(workshop/events.pl:30)

とかいう感じで出るみたいです。目がJavaに慣れてる人も安心!!

おもしろいのは、これに影響を受けてCarp::Alwaysっていうジョークじゃないモジュールができたっていうところです。嘘から出た真というか、こういうパターンもあるんですね。

ちなみに利用しているモジュール内でちゃんと利用者目線のエラーについてCarpが使われている場合は、以下のように外からCarpのモードをverboseにしてやることで、carp()やcroak()をスタックトレース付きで吐かせることができます。

perl -MCarp=verbose script.pl