Tracks

書いてみたい方はココを参照下さい。

Email::MIME::MobileJPで文字コードまわりに気をつかわないでメールの送受信をおこなう B!


tokuhirom


メール関係のモジュールをとりまとめて、カジュアルにつかえるようにするためのモジュールをかいてみました。

メールの受信(Parsing)

メールのパーズは、以下のように、メールの文字列をくわせてやればいいです。

use Email::MIME::MobileJP::Parser;

my $src_text = do { local $/; <> };
my $mail = Email::MIME::MobileJP::Parser->new($src_text);

メールオブジェクトから Subject をえるには以下のようにしましょう。

ここでとれるものは MIME ヘッダにはいっている情報をもとに、UTF-8 に decode された文字列です。

可能ならば絵文字も decode します。これには [Encode::JP::Mobile](http://search.cpan.org/perldoc?Encode::JP::Mobile) を利用しています。

my $subject = $mail->subject(); # サブジェクトをえる

From をえるには以下のようにします。各要素は [Email::Address::Loose](http://search.cpan.org/perldoc?Email::Address::Loose) のインスタンスです。

my ($from) = $mail->from();

To も同様です。

my ($to) = $mail->to();

text part をえる

text/plain な part をすべてえたい場合には以下のようにします。返り値は、UTF-8 decode された、文字列の配列です。

my @texts = $mail->get_texts();

text/html なパートのみがほしい場合には以下のようにします。

my @texts = $mail->get_texts(qr{^text/html});

画像 part をえる

以下のように、get_parts というメソッドであつめましょう。@images の各要素は、パートをあらわす Email::MIME のインスタンスです。

my @images = $mail->get_parts(qr{^image/jpeg});;

SPFの確認

SPF で、本当にケータイからおくられてるかとかチェックできますが、softbank の SPF がくさってるって nekokak がいってたので、あんまり役にたたないかもしれない。@masason どうにかしてください。詳細は以下のサイトをみてください。

http://blog.nekokak.org/show?guid=Vl8eRFxp3xGW08LZob1Swg

メールの送信

メールオブジェクトを作成する

Email::MIME::MobileJP::Creator をつかえば、簡単にメールオブジェクトを作成できます。

use utf8;
use Email::MIME::MobileJP::Creator;
use Email::Send;

my $to = 'example@ezweb.ne.jp';
my $creator = Email::MIME::MobileJP::Creator->new($to);
    $creator->body('元気でやってるかー?');
    $creator->from('from@example.com');
    $creator->subject('コンニチワ');
my $mail = $creator->finalize();

# Email::Send で送信する
my $sender = Email::Send->new({mailer => 'Sendmail'});
$sender->send($mail);

### 添付したい場合

マルチパートで写真などを添付したい場合には以下のようにすればよいでしょう。

use utf8;
use Email::MIME::MobileJP::Creator;

my $to = 'example@ezweb.ne.jp';
my $creator = Email::MIME::MobileJP::Creator->new($to);
    $creator->from('from@example.com');
    $creator->subject('コンニチワ');
    $creator->add_text_part('元気でやってるかー?');
    $creator->add_part(
        $photo => {
                'fimename'     => 'hoge.jpg',
                'content_type' => 'image/jpeg',
                'encoding'     => 'base64',
                'name'         => 'sample.jpg',
        },
    );
my $mail = $creator->finalize;

# 送信
my $sender = Email::Send->new({mailer => 'Sendmail'});
$sender->send($mail);

Email::MIME::MobileJP::Template のやつをつかうパターン

Web Service などでは、メールの本文をテンプレートに分離したくなることがあるでしょう。そんなときはこうしましょう。

内部的に Tiffany を使用しているので、あらゆるテンプレートエンジンを使用可能です。

my $mail_maker = Email::MIME::MobileJP::Template->new('Text::Xslate' => {path => ['email_tmpl/'], syntax => 'TTerse'});
my $mail = $mail_maker->render('signup.eml', {token => $token, syntax => 'TTerse'});
my $sender = Email::Send->new({mailer => 'Sendmail'});
$sender->send($mail);

ただしここで email_tmpl/signup.eml の中身は、以下のようなものです。

Subject: [Example] サインアップ!

以下をクリックせよ
http://example.com/signup/[% token %]

簡単にメールを送信できるのでたいへんべんりですね。