Tracks

書いてみたい方はココを参照下さい。

オススメしないperlの実行方法 B!


techno-cat


お仕事では、100% Windowsなtechno-cat(@techno_neko)デス。

今回は、オススメしないperlの実行方法を紹介します。

みなさんは、wsfをご存知でしょうか?

Windows スクリプト (*.wsf) ファイルは、XML (Extensible Markup Language) コードを含むテキスト ドキュメントです。Windows スクリプト ファイルでは、スクリプトの柔軟性を向上するいくつかの機能がサポートされています。Windows スクリプト ファイルはエンジンに依存しないので、Windows スクリプト互換の任意のスクリプト エンジンで作成したスクリプトを Windows スクリプト ファイルに含めることができます。Windows スクリプト ファイルは、一種のコンテナとして機能します。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392507.aspx

だそうなので、さっそくperlをスクリプト エンジンとしたwsfを書いちゃいましょう。


まずは、いつもの。

<job>
<script language="PerlScript">

$WScript->Echo("hello world.");

</script>
</job>

これをテキストエディタにコピペして、"hello.wsf"というファイル名で保存してみましょう。

見慣れないアイコンが表示されるはずです。

ダブルクリックすると、スクリプトが実行されて、メッセージボックスが表示されます。


さらに、複数のファイルをドラッグ&ドロップして処理する場合はこんな感じ。

<job>
<script language="PerlScript">

my $args = $WScript->Arguments;
for (my $i=0; $i<$args->Count; $i++) {
	foo( $args->Item(0) );
}

sub foo {
	my $arg = shift;
	# $WScript->Echo( $arg );
}
</script>
</job>

一度に複数のファイルを処理したい場合や、

BATファイル(*.bat)を書くまでもない場合は非常に便利です。

こんな簡単にperlを実行できるなんて、夢が広がりますね!

ですが、次はオススメしない理由です。

結論から言うと、日本語のコメントを入れると、意味不明なエラーが出ます。

<job>
<script language="PerlScript">

# メッセージボックスを表示!
$WScript->Echo("hello world.");

</script>
</job>


こんな感じで、ファイルの先頭で文字コード指定したり、

<?XML version="1.0" standalone="yes" encoding="euc-jp" ?>

可能な限りいろいろ試してもダメでした。

これが許容できるなら使えそうなもんですが、私はperlスクリプトファイル(*.pl)をJScriptファイル(*.js)から呼び出す方法をオススメしています。

理由は、コマンド プロンプトから呼び出してデバッグが出来るからです。

という訳で、オススメしないよ!っていうMSWin32Tipsでした!!

次は、 @songmu さんデス!