Tracks

書いてみたい方はココを参照下さい。

Skype::AnyでSkype botを作る B!


akiym


どうもこんにちは。akiymです。今日はSkype::Anyというモジュールを紹介します。

みなさん、Skypeは使っていますよね。IRC?いやいや、Skypeですよね。IRC botを作ってみたという話はよく聞きますが、Skype botを作ってみたという話はあまり聞きませんね。ということで、Skype::AnyでSkype botを作ってみましょう。

はじめに

まずはじめに、Skype APIについて少し知っておく必要があります。

Skype objectの種類
  • USER
  • PROFILE
  • CALL
  • CHAT
  • CHATMEMBER
  • CHATMESSAGE
  • VOICEMAIL
  • SMS
  • APPLICATION
  • GROUP
  • FILETRANSFER

例えば、相手から送られてきたメッセージはCHATMESSAGEに分類されます。相手自身はUSERに分類されます。

Skype::Anyでは、相手からCHATMESSAGEに分類されたものはSkype::Any::ChatMessageのオブジェクトになります。Skype::Any::ChatMessageオブジェクトからは送ってきた人の名前やメッセージの内容、タイムスタンプを取得することができます。

注意: Skype for Macに対応していません。

使い方

メッセージを送る
use Skype::Any;
use Skype::Any::User;

my $skype = Skype::Any->new;

# echo123にメッセージを送る
my $user = Skype::Any::User->new('echo123');
$user->send_message('どうもー');
自動返信
use Skype::Any;

my $skype = Skype::Any->new;

# メッセージが送られてきたら
$skype->message_received(sub {
    my $self = shift;
    $self->chat->send_message('おはよう');
});

$skype->run;

$skype->run というものが出てきました。これはイベントループ開始の合図です。

また、誰がメッセージを送ったのが知りたいですね。メッセージの内容も知りたいです。そんなときには、$self->from_handleや$self->bodyで取得することができます。ちなみに、message_receivedの場合、$selfはSkype::Any::ChatMessageオブジェクトです。

先ほどの例では、ただ返信することしかできなかったはずです。しかし、Skypeには1対1でチャットをしたり、グループチャットをするときがあります。それぞれ区別して返信したいですね。

use Skype::Any;

my $skype = Skype::Any->new;

$skype->received_message(sub {
    my $self = shift;
    my $chat_type = $self->chat->type;
    if ($chat_type eq 'DIALOG') {
        # チャット
    } elsif ($chat_type eq 'MULTICHAT') {
        # グループチャット
    }
});

$skype->run;

グループチャットから個人宛にメッセージを送りたいときもありますね。

use Skype::Any;
use Skype::Any::User;

my $skype = Skype::Any->new;

$skype->received_message(sub {
    my $self = shift;
    my $user = Skype::Any::User->new($self->from_handle);
    $user->send_message('個人にメッセージを送ります');
});

$skype->run;

ここで、ちょっとした例を書いてみます。URLを貼り付けるとタイトルを教えてくれるbotです。とても簡単に書けますね。

use Skype::Any;
use LWP::UserAgent;
use URI::Find;

my $ua = LWP::UserAgent->new;
my $finder = URI::Find->new(sub {
    my $url = shift;

    my $res = $ua->get($url);
    return $res->code unless $res->is_success;

    my ($title) = $res->decoded_content =~ m!<title>(.*)</title>!i;
    return $title;
});

my $skype = Skype::Any->new;
$skype->message_received(sub {
    my $self = shift;
    my $body = $self->body;
    # URLがあったらタイトルに置き換える
    if ($finder->find(\$body)) {
        $self->chat->send_message($body);
    }
});

$skype->run;

基本的なことはSkype::Anyで簡単にできますが、凝ったことをしたいときにはSkype APIを叩いてあげる必要があります。

use Skype::Any;

my $skype = Skype::Any->new;

# 通話を録音する
$skype->call(status => sub {
    my ($self, $status) = @_;
    if ($status eq 'INPROGRESS') {
        $self->send_command(qq(ALTER CALL $self->{id} SET_CAPTURE_MIC FILE="/tmp/call.wav"));
    }
});

Skype APIを叩きたいときには、このようなものを書くと便利です。対話形式でSkype APIを叩くことが出来るようになります。

use Skype::Any;
use Term::ReadLine;

my $skype = Skype::Any->new;

my $term = Term::ReadLine->new;
while (defined(my $cmd = $term->readline('Skype> '))) {
    print $skype->send_command($cmd), "\n";
}

まとめ

あなたも今日からSkype::AnyでSkype botハッキング!

Macに対応していないのが心残りですが。。*1

最後にすばらしいbotの例を書いて終わりにします。

use strict;
use warnings;
use Skype::Any;
use Skype::Any::User;

my $skype = Skype::Any->new;

my $username = 'echo123'; # 嫌いな人をどうぞ!

my $user = Skype::Any::User->new($username);
while (1) {
    $user->send_message(':)');
}

*1: 対応させてあげる、という方がいらっしゃったらぜひpull request送ってください :) お待ちしております。